夏だって腰や手足が冷えて仕方がないという女性は意外と多いんです。

 

冷え性は、主に血液の循環が悪くなって起こることが多いです。
温かい血液が体中を巡らないから、体の末端である手や足は特に冷えてしまうんですね。

 

また、更年期を迎えた女性はホルモンの分泌が乱れるので、その影響で自律神経も乱れてしまい、冷え症状が悪化してしまうこともあるとか。

 

にんにく卵黄は冷え性改善にも役立つ

冷え性は血行障害ですから、改善するには、適度な運動や、ぬるめのお湯にゆっくり入るなども効果的。

 

また、もう一つ簡単にできるのが、体を温める食品、血行を良くする食品を摂ることです。

 

なかでもにんにくは保温効果が抜群の食品。

 

スコルジニンという特有の成分が新陳代謝を活発にし、強力に体を温める作用を発揮します。

 

にんにくを食べた後、体がポカポカすることは、これまでに体感したこともあるのではないでしょうか?

 

また、卵黄に豊富に含まれるビタミンEも、末梢血管の血流を促進する力があります。

 

このように、「にんにく卵黄」を摂ることで、血液循環を良くして、体の冷えを改善するのに役立つんですね。

冷え性を改善するには?

体の冷えに悩まされている方は、日常生活の中で、ストレッチや軽い運動を取り入れてみたり、半身浴で長めのお風呂に入るなど、ちょっと気をつけるとともに、体を温める食べ物を摂って、体の内側から改善することもプラスしてみましょう。

 

体を温める食べ物としては、

 

にんじん、生姜、玉ねぎ、長ねぎ、にんにく、じゃがいも、ごぼう

 

などの根菜類がおすすめです。

 

にんにく卵黄に含まれている成分は、冷え性の改善にも役立ちますので、これらの野菜を毎日摂るのが難しい時は、にんにく卵黄サプリで補うのもありですね。