てまひま堂のにんにく卵黄サプリ【ニンニクゴーゴー】に副作用はある?

 

てまひま堂のにんにく卵黄は、にんにくと卵の加工食品ですので、医薬品のような副作用はありません。

 

「にんにく」単体だと、食べ過ぎると(副作用ではありませんが)腹痛や下痢などを起こす場合もありますが、「にんにく卵黄」は、卵黄のタンパク質と結合して、胃にも優しくなっています。

 

ただし、どんな食品もそうですが、摂りすぎはよくありませんよね。
特に飲み始めの時期は、目安量を守って服用するようにしましょう。

 

原材料にアレルギーのある方は注意

原材料にアレルギーをお持ちの方は注意してください。

 

てまひま堂のにんにく卵黄サプリ【ニンニクゴーゴー】の原材料は、

 

にんにく、卵黄、サフラワー油、ゼラチン/グリセリン、ミツロウ、トウモロコシたん白、植物レシチン(大豆由来)

 

にんにくアレルギー、卵アレルギーの方はもちろんですが、カプセルに使用されている原材料にアレルギーの可能性がある方は注意が必要です。

 

 

 

薬との飲み合わせは?

てまひま堂のにんにく卵黄サプリ【ニンニクゴーゴー】については、ほとんどの薬との飲み合わせは問題ありません。

 

しかし、一部、一緒に飲まないほうが良い薬がありますので、ご紹介しておきます。

 

引用:日本健康食品・サプリメント情報センター

下記の薬と一緒に飲まないでください
注意書きがある場合には、その記述に従って使用してください
配合原材料ごとに 「薬効分類【一般名:代表的な製品名】」 と表記しています

 

ニンニク:
以下の薬と併用すると薬の効果が減弱する可能性があります
・抗ウイルス薬>抗HIV薬(HIVプロテアーゼ阻害剤)【アタザナビル硫酸塩】【ホスアンプレナビルカルシウム水和物】【ネルフィナビルメシル酸塩】【リトナビル】【サキナビルメシル酸塩】
・抗菌薬>抗結核薬【イソニアジド】
・抗悪性腫瘍薬>トポイソメラーゼU阻害薬【エトポシド】
以下の薬と併用すると薬の作用が増強する可能性があります
・気管支拡張薬>テオフィリン薬【テオフィリン】

 

ニンニク・紅花:
以下の薬と併用すると、紫斑(青あざ)や出血が生じる可能性があります
・抗血栓薬>抗血小板薬【チクロピジン塩酸塩】【クロピドグレル硫酸塩】【アスピリン】【シロスタゾール】
・抗血栓薬>経口抗凝固薬【ワルファリンカリウム】

 

紅花:
以下の薬と併用すると薬の効果が減弱する可能性があります
・糖尿病治療薬>スルホニル尿素【グリメピリド】【グリベンクラミド】【クロルプロパミド】【トルブタミドン】
・糖尿病治療薬>チアゾリジン誘導体【ピオグリタゾン塩酸塩】
・糖尿病治療薬>インスリン